Blog to twitter banner.png

2010年12月06日

2010年 J1第34節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田

2010年も最終節となりました。

2年連続得点王、前田…に喜びきれない試合。
結局、11位、負け越しでシーズン終了です。
ナビスコカップを優勝できたとはいえ
怪我人の多すぎるシーズンでした。

34節参戦のまとめです。
1.2010年 J1第34節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田(試合編)
2.スタグルメ&帰りに梅田へ

2010.12.04
posted by コマンドZばっかり at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.2010年 J1第34節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田(試合編)

今回は珍しく最初から人に会う予定でゴール裏観戦。
ぎこちなく挨拶をしながら芝生席最前列へ。
20101204_cerezzo_001.jpg
Twitterでお知り合いになったseiさんにチュホと駒野へのメッセージ&鶴を渡す。
チュホのメッセージカードの写真に
「こんなアイドルいましたっけ」という高評価をいただきましたw
そこのところは元プロの仕事ということかな。
よくわからないまま集団のところへ荷物を置かせていただいた。
あとで聞くと、Iwata Eastさんだった。

20101204_cerezzo_002.jpg
これがキンチョウスタジアム初観戦。メイン席の傾斜がなかなかゴージャス!
芝生席は勘弁してください。

◆試合
この試合でかかっているもの
 ・前田遼一得点王
 ・勝ち越し

前田が前節の記念すべき100ゴール目でついに名古屋のケネディに追いついた。
今日は2点以上とって史上初の2年連続得点王となりたい。
チーム自体は11位11勝11敗11分という状態。
これできれい(笑)だけど、勝ち越したい。

ところが…
セカンドボールを取れず斜めに抜かれているのに、
全く対応できずリプレイのような失点6アドリアーノひとりに4点も。
呆れるくらいの酷さ。シーズン最後になんだこりゃ。
今日は何をすべき日か分かっとるはずなんだけど。

前田に点を取らせようとしているのはよくわかるものの、
マイボールに出来ていなくて攻められっぱなし。

前田にあと1点を取らせたかった。
そう、とって欲しいじゃなくて、取らせてあげたかった。
でも、選手はどうだったのだろう?監督はどうだったのだろう?
ボールが来ないので、ものすごく下がってカットしに行くのとか、
SBの位置まで追ってく前田を見ていると、ひとりひとり責任持ってやれと…。

得点王どころの内容じゃない。
途中でケネディが得点を取ったことを知ったので、
胃が捻れそうでしたよ。

前田の得点王はとてもうれしいけれど、
選手があいさつして引き上げたあとずーっと前田コールをしていて
呼び出してるみたいで後味が悪かった。

20101204_cerezzo_003.jpg

  2010年 J1第34節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田
  <ジュビロ磐田公式>
posted by コマンドZばっかり at 23:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.スタグルメ&帰りに梅田へ(2010年 J1第34節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田)

スタグルメは7〜8件と少ないものの、グルメコートができていた。
加古川のカツ丼、焼き鳥、串カツいっときましたw
20101204_cerezzo_005.jpg
20101204_cerezzo_004.jpg


20101204_cerezzo_006.jpg
地下鉄長居駅のエスカレータ表示

帰りは、seiさんの大阪の安ウマを食べたいというリクエストのもと、
夜行バス乗り場に近い梅田へ。
新梅田食堂街のおっさんエリアへ。

1.はなだこで奥行き10センチの世界を堪能
20101204_cerezzo_007.jpg

20101204_cerezzo_008.jpg

梅田駅前再開発で店の前の通路が阪急梅田駅とJR間の通路となっているため
激混みのなか食す。

日本最小店舗か?といわれるたこ焼き屋さんも見物。

2.串カツでさらなるおっさんエリアへ
ねぎ焼きを食べたことがないということなので「やまもと」へ。
並び過ぎのため断念し、東通り商店街へ。
しかし、やはり何だかなので地下ダンジョンを通って元の新梅田食堂街へ。

奥の串カツの松本。
20101204_cerezzo_009.jpg

立ち食い串カツ、おっさんたちの憩いの場。

タコハイというものが何かわからず頼んだ。
飲みやすかったので、タコハイのタコって何ですか?って聞いた。
宝酒造から出たタコチューがよく売れたので、サントリーでも出そうとしたけど、
さすがにタコチューでは出せないのでタコハイという名前で出したと。
で、肝心のタコの意味はわからなかった

途中からとなりにきたサラリーマンのおっさんに、
「今セレッソが強いから強いうちに見に行った方がいいよ」
と布教活動(笑)
チケットの値段だとかフードパークだとか
かわいい女の子も見に来るしとか…。

551の鳳来はお店が閉まっていたので行けずでごめんね。
また、大阪へおいでやす!
posted by コマンドZばっかり at 23:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スタグルメ&行き帰り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

2010ヤマザキナビスコカップ 決勝 ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島(まとめ)

2010.11.03(水・祝)

久々の優勝を勝ち取ったジュビロ磐田。
私も当日参戦しました!


ということで、参戦記(not 観戦記)です!

 1.国立競技場見参! 〜試合開始まで
 2.前半
 3.後半
 4.延長戦突入前「俺たちの誇り」
 5.延長戦
 6.ヤマザキナビスコカップ優勝
 7.ヤマザキナビスコ杯 スタグルメ&ひとり祝勝会


長いよってな向きには、7.だけ見たらいいんじゃないかな。

なお、当日のTwitterのログはこちら
ログを見たほうが感動するとかいうの勘弁して下さい。
posted by コマンドZばっかり at 01:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.国立競技場見参! 〜試合開始まで

ヤマザキナビスコ杯の会場、国立競技場へ。
20101103_NABI_004_re.jpg
千駄ヶ谷に着きます。

周辺では将棋の大会、六大学野球の早慶戦が行われており、大混雑。
でも、会場に入らないとレプリカユニの人に会わないのが不思議でした。

20101103_NABI_005_re.jpg

試合開始30分までに席につけたので、選手の挨拶から見られました。
練習時の選手のコールやチャントで広島には負けません。

私もいそいでゲーフラの組み立てをします。
ゲーフラは前日に大阪駅構内の出力ショップで出力依頼をし、
10時開店即引き取りで、10時03分には電車に乗ってしまうという
とんでもスケジュールになりました。
これが非常にウマく行って当初の予定であった15分前に千駄ヶ谷着を45分前着
というのが実現したわけです。

選手入場
20101103_NABI_009_re.jpg
ジュビロゴール裏はサックスブルーと白のコレオグラフィ。
20101103_NABI_019_re.jpg
このあとビッグフラッグがおりてきます。

サンフレッチェゴール裏は紫と白のコレオグラフィ。
こちらはビッグフラッグが下から上がっていきます。
ところが、サンフレッチェ側は、気がつけば優勝トロフィが!
20101103_NABI_027_re.jpg
ジュビロ側の次の展開を見守っていたのですが、何もなく、
少しばかりサンフレッチェに嫉妬!
(いやいや、準備した方々ありがとう)

各チーム写真撮影はジュビロの方がスピーディでした。
サンフレッチェはちょっとまごついてました。

キックオフ!
20101103_NABI_033_re.jpg


posted by コマンドZばっかり at 01:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.前半

前半30分位までは動きが硬かった。
ミキッチの動きが良くて大変だったけど、後半バテて下がった時には助かった。
いつもあーだこーだ言われる左の修斗&船谷が
やられてもやられても行ったからなのかな。

前半36分
広島・GK西川のゴールキックが船谷にひっかかる。
船谷は逆サイド前田へ出し、いなすようなトラップをした前田は
再び逆サイド左船谷へ。

ダイレクトでヘディングは……ゴール!
にーにょぉぉぉぉっ、船谷がヘディングなんて!
20101103_NABI_038_re.jpg
先制点はジュビロ! 1−0

ちょっと通常仕様のボリュームになりそうだったゴール裏が
劇的に盛り上がる。

ところが、広島はやっぱり攻撃的なチーム。がっちり仕掛けてくる。

前半終了前、失点1−1
修斗&那須で2人がついていたけど、ミキッチが見事すぎた。
李忠成の打ち損じがそのままコロコロとゴールマウスに入ってしまった。
川口は重心が強打が来るための反応だったから追いつかなかった。


あああ、広島はパフォーマンスはじめちゃった
GKも呼んで全員でやってる。これはイラっとするw
広島はもっとスムーズにできるパフォーマンスにすればいいよ。

ロスタイムにイガンジンが傷む。
再開したところで、すぐに前半終了。

posted by コマンドZばっかり at 01:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3.後半

後半開始直後、失点1−2
イガンジンの負傷で大井が交代しようとする時の一瞬の緩みだろうか?
じつは、売店から戻る途中で見てなかったのね。

後半に入ってプレスが速くなってきて、仕掛けもよくなった。
ゴール前には2枚3枚と突っ込んで来る。広島がバタついている。
このところディフェンスブロックでガシガシ防いでゴールを許さない
という試合が多くなり負けていない
けど、
今日もそんな予感がし始めた。
DFが頑張っている間にエースがなんとかするんじゃないかと。
まだ負けているのにそう思えた。

船谷から菅沼に交代。菅沼は動きがキレていた。
21分の那須→上田→ジウ→菅沼ヘディングの流れもワンタッチで翻弄してた。
ジウがよく倒されてて、相手にカードやファールが出なかったので苛立っていた。
広島はパスが長すぎて流れることが増える。
あまり攻撃に出てこない。広島らしくない。チャンスだ。

ジウから山崎に交代。ドリブルでFKやCKを獲得しまくる。
山崎の動きは疲れを見せる広島には確実に脅威を与えていた。

35分のFKの時、那須が鼻血抑えながらフラフラで外に行くんだけど、
あれ、本当はセットプレーのヘディング要員だから行こうともしてるね。
この頃になると、おとなしかった周りも絶叫応援してた。
20101103_NABI_054_re.jpg

あと残り1分。このままでは負けてしまう。

上田のCK。那須の無茶苦茶高いヘディングはGK西川の手が弾いた。
そこに誰よりも速く届いたのが我々のエースだった。

あれだけ後半ラスト5分に弱かったチームがやった。
エースが繋いだ……!
20101103_NABI_055_re.jpg

後半44分、2−2!同点 前田遼一!

20101103_NABI_056_re.jpg

ゴール裏が爆発したまま5分という長いロスタイムが終わった。

posted by コマンドZばっかり at 01:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4.延長戦突入前「俺たちの誇り」

20101103_NABI_058_re.jpg

延長戦突入前の一瞬の静寂のあと、湧いてきたあの歌を覚えているかい?

Top of the Worldだ。

2008年の苦しい残留争いの中で肩を組みながら歌っていたあの歌。

この日は少しアップテンポで手拍子がついていた。
あの日々での悲壮感ではなく、必死だけど希望に満ちていた。

 我らとともに勝利をつかめ 俺たちの誇り磐田

思い出して見ると、優勝が決まった瞬間より感極まるところがあった
posted by コマンドZばっかり at 01:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5.延長戦

延長前半

高萩に打たれたミドルにはビビった。
ジュビロのCK・FKが増える。

後半もそうだったが、ここから西がとてつもなく泣かせる
ここを抜けたら絶体絶命というところを
何度もフラフラの身を投げ出して飛び込んでいく。
ゴールラインギリギリのクロスにも飛び込む。

延長前半12分
メイン側上田からのCKは那須のヘディングから
逆サイドの菅沼前へながれ、ボレー。ゴールラインを割った。

3−2! 菅沼!
20101103_NABI_060_re.jpg
ああああああああああ!

延長前半14分
山崎ドリブルから一瞬だけ前田にはたき、すぐに山崎が2回タッチしたあと
振り切った。西川の指先は届かずゴールへ。

4−2! 山崎!
20101103_NABI_061_re.jpg
このまま終わってぇぇぇ! つか、紙テープもう飛んでる!

延長前半18分
失点。4−3 槙野のFK、見事でした。強く美しかった。
簡単に勝たせてくれない。


延長戦後半
前田が何度も細かいステップワークでゴール前へ。

延長後半3分
古賀一番右奥からのFK。
左前にいた前田が胸トラップと同時にDFを2枚を抜き去った。
少しDFに当たったか美しいループを描いてゴールへ……吸い込まれた。
5−3! 前田遼一!

いつもはクールなエースは
間違えて相手側ゴール裏へ喜びを爆発させに行ってしまった。
ゴール裏だけじゃない、もっと広いエリアから
前田コールが響き渡る


20101103_NABI_064_re.jpg

最後のワンプレーはPK。
コースケはかする程度しか当たってないのにあんなに跳ぶか?
というぐらいの跳ね方だった。
…固唾を飲んで見守った。
後ろ向きから入る槙野のトリックPK。
何だか川口なら止めるような気がした。
20101103_NABI_066_re.jpg

20101103_NABI_067_re.jpg

そのあと鳴ったらしい終了のホイッスル、
私は知らない。
posted by コマンドZばっかり at 01:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6.ヤマザキナビスコカップ優勝

20101103_NABI_067_re.jpg
あちこちから紙テープが飛び、目の前がサックスブルーに染まる。
勝ったのだ。
優勝したのだ。


20101103_NABI_069_re.jpg

−−目の前で優勝の瞬間を見たのははじめてだ。

余談だが、運動会程度でも優勝なんてしたことがない。
私自身がいくつかのコンクールをとったときには
既に決まって表彰式に呼ばれたから行ったぐらいのもので、
目の前で優勝を見たことはない。

この瞬間というのはなんて愛おしいものなんだろう。
やっぱり、勝たないとダメなんだね。2番じゃダメなんだねw

20101103_NABI_112_re.jpg

ピッチでもスタンドでもあちこちで優勝を祝う。
コースケはピッチに崩れ込んで泣いている。
それにしても、あんなにうれしそうな前田は見たことがない
何があっても、まだ点が取れた、まだまだです…と、表情を変えない前田が。
骨折した3選手もピッチに降りてきて少しぷっくりした姿で喜んでいる。
山崎、記念Tシャツ手をあげても貰えない。と思ったら、菅沼が2枚着てしまうw
何十分も歓喜の歌は止まらなかった。
カンピオーネ(チャンピオン)の歌を歌った。
Get goalに合わせて突然選手たちがラインダンスを始めた。

こんなノリのチームではなかったような。
いつまでも味わっていたかった。

20101103_NABI_070_re.jpg
試合終了の瞬間…
20101103_NABI_073_re.jpg
松葉杖のパクチュホも駆けつけた
20101103_NABI_074_re.jpg
それぞれをねぎらう
20101103_NABI_075_re.jpg
川口サポーターへ
20101103_NABI_078_re.jpg
レフティコンビ
20101103_NABI_084_re.jpg
この水色のキラキラはいつから用意されていたんだろう。
20101103_NABI_092_re.jpg
柳下監督の胴上げ、このあと前田も
20101103_NABI_100_re.jpg
駒野も
20101103_NABI_108_re.jpg
すぽるとのインタビューをうける前田&川口
20101103_NABI_120_re.jpg
足下は水色テープで大変な騒ぎですw
20101103_NABI_123_re.jpg
私も初めてゲーフラつくりました!今回限定バージョン。もちろん勝利を見越したものです!
棒には水色のクリップで挟んでとめていますw

20101103_NABI_126_re.jpg
前の方ではこれがまわってましたw 1億えーん!


20101103_NABI_132_re.jpg

20101103_NABI_133_re.jpg

--------------------------------------------------------

広島、怪我人がとか中2日とか大変だった。
磐田だって、DFライン4人中3人骨折で中3日とはいえあの笑ってしまうような台風
の中やったんだからそんな変わらないよ。優勝経験者も広島の方が多い。

じゃ、何故勝ったんだというと、粘り勝ちを知りはじめたからだろう。
最近のリーグ戦を思い出しても、
去年や今年はじめの終盤に点をとられて負ける、先にとられると逆転できない
というのが通常仕様だったのが、
W杯後の悪い時期を経て秋口からぐっとチームが変わった
ディフェンス陣にベテランの古賀が加入し、那須がボランチに固定できたということで
安定したというのもあるだろう。
ナビスコカップ準々決勝川崎戦の第2戦は完全に不利の中、
レギュラー陣5人の出場がなくても、チャンスがまわってきた選手で勝ち進んだ。

FWも夏にイグノが移籍してどうなるかと思ったら、
やはり前田までゴールが出ずどうしようもなくなっていた。
しかし、ジウをFWに上げたのに加えDF陣が安定しはじめたころから
FWとMFから後ろとの完全分断状態がなく
またクロス一辺倒の攻撃だけでなくセンターラインからの攻撃も増えてきた。
困難を打開してひとつずつ良くなってきた。

といっても、事実はリーグ戦11位のチームだ。
まだまだ強いチームではない。
戦う姿勢を出すことができるようになっただけだといえる。
前田のいう「まだまだです」がここにある

黄金時代と比較され続けた選手たちだけど、
これから自分たちで新しい時代を築いていってほしい。

今は、この優勝について何とも言えないけれど、あとから振り返ってみて
「ここから始まったんだな」と思えるようなタイトルにしたい

(前田遼一)

まずは、おめでとう。


posted by コマンドZばっかり at 01:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。