Blog to twitter banner.png

2010年11月10日

3.後半

後半開始直後、失点1−2
イガンジンの負傷で大井が交代しようとする時の一瞬の緩みだろうか?
じつは、売店から戻る途中で見てなかったのね。

後半に入ってプレスが速くなってきて、仕掛けもよくなった。
ゴール前には2枚3枚と突っ込んで来る。広島がバタついている。
このところディフェンスブロックでガシガシ防いでゴールを許さない
という試合が多くなり負けていない
けど、
今日もそんな予感がし始めた。
DFが頑張っている間にエースがなんとかするんじゃないかと。
まだ負けているのにそう思えた。

船谷から菅沼に交代。菅沼は動きがキレていた。
21分の那須→上田→ジウ→菅沼ヘディングの流れもワンタッチで翻弄してた。
ジウがよく倒されてて、相手にカードやファールが出なかったので苛立っていた。
広島はパスが長すぎて流れることが増える。
あまり攻撃に出てこない。広島らしくない。チャンスだ。

ジウから山崎に交代。ドリブルでFKやCKを獲得しまくる。
山崎の動きは疲れを見せる広島には確実に脅威を与えていた。

35分のFKの時、那須が鼻血抑えながらフラフラで外に行くんだけど、
あれ、本当はセットプレーのヘディング要員だから行こうともしてるね。
この頃になると、おとなしかった周りも絶叫応援してた。
20101103_NABI_054_re.jpg

あと残り1分。このままでは負けてしまう。

上田のCK。那須の無茶苦茶高いヘディングはGK西川の手が弾いた。
そこに誰よりも速く届いたのが我々のエースだった。

あれだけ後半ラスト5分に弱かったチームがやった。
エースが繋いだ……!
20101103_NABI_055_re.jpg

後半44分、2−2!同点 前田遼一!

20101103_NABI_056_re.jpg

ゴール裏が爆発したまま5分という長いロスタイムが終わった。

posted by コマンドZばっかり at 01:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。