Blog to twitter banner.png

2010年08月31日

ザクとは違うんだよ、ザクとは

ザッケローニに決まりました。
日本代表監督。

イメージしかないんだけど、

・3−4−3
・チーム再生人
・残留請負人

こんな感じ。あってる?

レオナルドルートらしい。直コネクションじゃないんだ。
協会のコネクション薄いなー。

Jのこと知らなさそうだし、おもしろいセレクションしてくれるかな?

あ、タイトルは、ついそう思っただけです。
ニックネーム=ザック

早々に監督変更とかになって次の監督に
「ザクとは違うんだよ、ザクとは」
と言われたりしませんように。
posted by コマンドZばっかり at 21:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

9月前半の過密日程とベストメンバー規定

新生日本代表メンバーが発表されました。

セレッソサポーターならずとも、
乾&香川の組み合わせが
ちょっと見て見たいという人が
いるんではないでしょうか。
ま、W杯に出て監督が決まってないのは日本と北朝鮮ぐらいグダグダなんですが。

それにしてもナビスコ杯組&代表選手の
ここからの過密日程ぷりったら。

ジュビロ磐田の場合

8/29 第21節 ガンバ大阪
8/30
8/31
9/1 ナビスコ杯準々決勝 第1戦 vsベガルタ仙台
9/2
9/3
9/4 日本代表パラグアイ戦(駒野)
9/5 天皇杯
9/6
9/7 日本代表 グアテマラ戦(駒野)
9/7 韓国代表 イラン戦(チュホ)
9/8 ナビスコ杯準々決勝 第2戦
9/9
9/10
9/11 第22節 湘南ベルマーレ

気になるのが、
今年からベストメンバー規約ができた9/5の天皇杯と
9/8のナビスコ杯での駒野・チュホ両SB不在。

DFが抜けるが先発出場選手が少ないのでDFから変えていくと、
ベスメン対策で前目のメンバーのリフレッシュが難しそう。
監督はターンオーバーをやるって言ってるけど。

そういや、最近ワンコとか岡田とか山アとかタヤヤとか見てませんなぁ。
彼等は伸び悩んでるんですかね。

天皇杯、9月からJリーグチームの出場は早すぎます。
posted by コマンドZばっかり at 10:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

Youtubeにジュビロ磐田 公式動画サイト&ジュビロ君も富士山

最近ずっと見てなかったら、ずいぶん変わっていたジュビロのHP。

そして、何か来てた。

20100823_JUBILOCHANNEL.png
ジュビロ磐田 公式動画サイト【Youtube】

どうも、Jリーグ加盟チームで初の試みということです。
どうした、ジュビロ。

で、ジュビロ君ジュビィちゃん、富士山に登ったんですね。
ま、小さいジュビィちゃんだったり、
スタッフの荷物のビニールシートにくるまれた何か
やたらでかかったり
するんですが、
そこは、ゲホコホ……。背後に気をつけなくては。

ジュビロ公式でのレポート
14:08 富士登山リベンジ 登頂成功!
14:31 富士登山リベンジ 下山
19:52 富士登山リベンジ 無事下山
7月20日 富士山登山 山頂で出会った仲間たち1
7月20日 富士山登山 山頂で出会った仲間たち2


富士山頂山小屋「富士館」の店長ブログ(2010.07.21)
ジュビロの人が来た。
フラッグも来た。
いちばん目立つはずのジュビロ君がいな……うっ。

+++++++++++++++++++++++++++

さて、9月1日はナビスコカップです。

20100823_NABI on TWITTER.png
Twitterでチームを応援しよう企画
ナビスコカップ on Twitter

【お題】
 猛暑が続く毎日ですが、9月1日はもっともっともっと熱い
 準々決勝第1戦!熱い準々決勝のキーマンは誰だと思いますか?

というのに、上のジュビロ君富士山登頂の話題になってしまっている件
それにつられてベガルタ側もベガッタ君の話が出ている件

Twitterをやってる人は書き込んでやってくださいw

posted by コマンドZばっかり at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年 J1第20節 ジュビロ磐田vs清水エスパルス 静岡ダービー

2010.08.22 sun.

かったかったかったよー。
西なし、チュホなしで2連勝。

昨日の静岡ダービー、用があり欠席。
実況頼みでしたが、やっと録画を見ました。

実況中は、コースケ祭りでしたが、映像でみると、
印象が違いました。

この試合は、コータ、上田康太の試合だ!

当たりも、ゲームコントロールも、正確さも、
いつもより数段上。
このところ上昇気味ではありましたが、生き生きしてました。


あ、コースケ、もしかして初ゴール?
バーさんやらポストさんが好きなコースケが、スーパーアシスト&振り向きながらのゴール。
一瞬、前田かと思いました。

これで、12位。
来週のガンバ戦アウェーは参戦予定です。

++++++++++++++++++++

昨日帰りに立ち寄った明石海峡大橋。

image-20100823123408.png

後ろで「笑点」のアレの着信音が鳴ったので振り向いて見たら、
マリノスユニのおっさんでした。

posted by コマンドZばっかり at 12:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

母の田舎に墓参り


image-20100813154946.png

image-20100813155007.png

image-20100813155054.png

++++新手のゆるキャラ発生か++++

image-20100813155307.png

image-20100813155426.png
posted by コマンドZばっかり at 16:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

2010夏の静岡ダービー&富士山&なぜか東京・横浜

ちょっと20日以上前のことに戻りますよ。

7月17日〜19日(世間様で言う3連休)

[17日]Jリーグの再開ということで、日本平のアウスタ
 ↓
[18日]富士山
 ↓
[19日]東京〜みなとみらい、帰宅

というなんかよくわからない行程でふらふらしてきました。

帰ってきてから
「わたし、ちゃんと生きていかなきゃ」
という思いになった日々が続くきっかけとなりました。
……ま、続いたといっても数日ですけど

それでは、どぞ。

  1.2010年J1第13節 清水エスパルスvsジュビロ磐田
  2.さまようジュビサポ
  3.富士山登頂
  4.富士山下山
  5.泊まる場所がないのだが

結構、長いです。
posted by コマンドZばっかり at 20:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.2010年J1第13節 清水エスパルスvsジュビロ磐田

2010.07.17 アウスタ

試合は
 ・せっかく押してたのに勝てなくてちょっとしょんぼり。
 ・開始前にはW杯戦士たちへの花束贈呈。
 ・途中で出た船谷が驚くぐらいアグレッシブ。
  (いや、驚かれるようじゃダメなのよ)
 ・もしかしたら初めて生で見る小野伸二と
  前田遼一の変態フェイント競演。


こんな感じです。
ダービーらしい緊迫した試合ではありました。ええ。

だけど、
この記事のカテゴリは「スタグルメ&行き帰り」なんですよ。
わかりますね。

◆新幹線グダグダ
20100717_SPULSEvsJUBILO_014.jpg
いきなり1時間遅れ。
名古屋でこだまに乗り換えようとも、
電光掲示盤に次のこだまがなかなか表示されず、
どこに並べばいいかわからない状態。

20100717_SPULSEvsJUBILO_015.jpg
明日のため、ソーラー充電器を購入。

20100717_SPULSEvsJUBILO_016.jpg
キャラメルコーン抹茶ミルク味(5倍サイズ)
20100717_SPULSEvsJUBILO_018.jpg
比較的気持ち悪い

◆清水駅からシャトルバス
20100717_SPULSEvsJUBILO_020.jpg
20100717_SPULSEvsJUBILO_025.jpg
駅前ロータリーはわかりやすいです。
20100717_SPULSEvsJUBILO_027.jpg
帰りの切符は買っておきましょう。

◆スタグルメ
20100717_SPULSEvsJUBILO_057.jpg
20100717_SPULSEvsJUBILO_058.jpg
20100717_SPULSEvsJUBILO_055.jpg
枝豆だけ強調。やっぱり去年の児玉さんのテロテロ枝豆のせいか?

◆この日は空がとてもきれいでした
20100717_SPULSEvsJUBILO_049.jpg
20100717_SPULSEvsJUBILO_045.jpg
スタメン

20100717_SPULSEvsJUBILO_065.jpg
惜しかったセットプレイ

そういえば、タオマフを取り出したら、それはジュビロのですが普通のタオルでした。

20100717_SPULSEvsJUBILO_079.jpg
20100717_SPULSEvsJUBILO_083.jpg

 [ジュビロ磐田公式 13節 清水エスパルスvsジュビロ磐田]
posted by コマンドZばっかり at 20:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタグルメ&行き帰り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.さまようジュビサポ

だいたい、
アウスタからのシャトルバス捌きが
悪すぎるんだっ!


こんな声がいろんなところから聞こえてきそうなそんなバス乗り場。

20100717_SPULSEvsJUBILO_086.jpg
かなりあっさり引き上げてきてバスの列に並んだけれど、
下山まで1時間半強
20100717_SPULSEvsJUBILO_084.jpg
歩いたほうが早いとかいう人もいるでしょうが、
明日富士山だし、もうすでに飛び跳ねたせいか足だるいし。

わたしは明日の富士山に向けて試合前に解決しなかった宿問題に直面
数日前に泊まることに決めたのですが、なぜかネットはどこも空きなし。
当日も大きい目の近隣駅で探したけれどないので「静岡駅」まで。
10件近く直接空室を探したけれどなかったので、
結局駅前のネットカフェ。ネットカフェで泊まるのは初めてです。
空席を確認して、先に食事。かなり飲んでしまいました。

何でこんなに空室がないんだろうと思って聞いてみたら、
「ap fes」だった。
そういえば、ぴあから情報が来てたw

わたくしみたいなのは論外として、
日本平からの混雑で帰りの新幹線に
乗り遅れたジュビサポが大量発生した模様。


ホテル受付で撃沈したわたくしの後から
レプリカユニを着た二人組みのお姉さまたちが入ってきて
同じことを聞いてました。
路上を「どうする?」と言いながらうろうろする他のお姉さまたち
入った居酒屋で貫徹がどうのこうの言っていた方たち
そして、ネットカフェでたぶん3人それらしき人

本当に、日本平何とかしてほしい……。
バス乗り場の広場からすぐ曲がったところにバス7台が待ってたのに、
うまく捌けてないみたいなんですよ。
バスが来ないんじゃなくて。
乗せる場所とか乗せ方とか進入経路とかどうにかならないものかと。
で、大渋滞。
夏は19時開催(この時は18時半開催)が多いのに
他のゲームの遠征組は大丈夫なんでしょうか……。
posted by コマンドZばっかり at 19:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタグルメ&行き帰り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3.富士山登頂

2010.07.18 本日は富士山に登ります

05:00 起床
睡眠時間が足りないです。クーリングジェルと日焼け止めを塗りまくります。目の前の電源が笑ってしまうぐらい鈴なり。iPhone、ケータイ、カメラバッテリー。昨晩出力しておいた地図やバスの時刻表を見直して荷物の準備。
05:50 出発
20100718_Mt.FUJI_003.jpg

20100718_Mt.FUJI_001.jpg


06:00 静岡発
20100718_Mt.FUJI_006.jpg

20100718_Mt.FUJI_004.jpg

06:31 富士着
20100718_Mt.FUJI_014.jpg
買い出しに出るものの、駅前にコンビニ見つからず戻ってきたら、
ちょうど改札口の売店が開店。
20100718_Mt.FUJI_017.jpg

06:53 富士発
20100718_Mt.FUJI_013.jpg

20100718_Mt.FUJI_016.jpg
この電車、ヴァンくんとこ(甲府)に行く模様です。
いまいち位置関係がつかめません。

07:10 富士宮着
20100718_Mt.FUJI_019.jpg

20100718_Mt.FUJI_021.jpg

20100718_Mt.FUJI_022.jpg
2階からだとどれが乗り場かわからずにいて下におりてうろうろしていたら、バスのチケットを求めて行列ができていました。失敗です。追加のバスも来ていたので、後ろのに乗っていいか聞いたら前のバスに乗らないと出発できないからのって欲しいとのこと。立ちっぱなしで5合目を目指します。昨日の新幹線といいよく立つなぁー。
20100718_Mt.FUJI_024.jpg

20100718_Mt.FUJI_027.jpg

バスが富士スカイラインに入ると、植物の種類が変わっていきます。
20100718_Mt.FUJI_032.jpg

20100718_Mt.FUJI_036.jpg

20100718_Mt.FUJI_039.jpg
だんだん松が増えて来ます。襖絵の松みたいに背が高く、どこから生えて
いるのかわからないくらいです。あと、倒木もたくさん。

20100718_Mt.FUJI_042.jpg

20100718_Mt.FUJI_047.jpg

急カーブを何度もまわって、広い5合目駐車場です。
20100718_Mt.FUJI_059.jpg

20100718_Mt.FUJI_065R.jpg

近くから見た富士は赤黒い火山灰の山でした。夏なので、白い冠はありません。
一番上に白い建物が見えているのですが、苦笑いするしかありません。
20100718_Mt.FUJI_061.jpg

20100718_Mt.FUJI_064.jpg
おにぎりを食べて出発です。



20100718_MAP_FUJINOMIYA.png

20100718_Mt.FUJI_070R.jpg

20100718_Mt.FUJI_071R.jpg
十段ぐらいのステップを上がると売店やトイレ等があり、みなさんその周辺で休憩や準備をしています。そうそう、スタジアム以外でのタオマフの使い方がわかりましたよ富士山登山者にいろんなチームのタオマフが。タオマフサミットです。あと、レプユニは海外と日本代表かな。
20100718_Mt.FUJI_074R.jpg
ガチャさん

09:06 五合目出発
20100718_Mt.FUJI_076R.jpg

最初の方はハイキングコースで、歩くのも負担がありませんが、
実は、もう息切れがします。空気が薄い&運動不足ですね。

20100718_Mt.FUJI_081.jpg

富士山のサイトではよく「渋滞が…」と書かれていますが、
イメージが湧きにくいものです。が、苦笑いするぐらい人大杉です。
ここは、駅の階段かと。

20100718_Mt.FUJI_080.jpg
足下はだんだんゴツゴツした溶岩の塊の上を歩く状況にかわってきて、
心地よく足首が伸びます。

09:35 6合目到着
20100718_Mt.FUJI_087R.jpg
ええ、ここですでにグダグダです。
20100718_Mt.FUJI_088R.jpg
この先さらに岩が大きくなり、傾斜が出てくるので、金剛杖を購入。
20100718_Mt.FUJI_191.jpg

09:41 6合目出発
20100718_Mt.FUJI_089.jpg

20100718_Mt.FUJI_091.jpg
小屋の裏はいきなりの傾斜で「うはー」と言うしかありません。
20100718_Mt.FUJI_094.jpg
この辺はまだ植物が生えています。
20100718_Mt.FUJI_095.jpg
岩の間からも小さな花が風から身を守るように顔をのぞかせています。
20100718_Mt.FUJI_101.jpg
この辺で右手に大きな存在感を見せるのが宝永火山火口です。赤土が照らされています。この上側をときおり点々と歩く人たちが見えました。

10:48 新七合目到着
20100718_Mt.FUJI_192.jpg

20100718_Mt.FUJI_106.jpg

20100718_Mt.FUJI_107R.jpg

20100718_Mt.FUJI_110.jpg
焼印をするのを気に入った子供が、「もうちょっと見てていい?」とおじさんのまわりをうろつきます。ここでは、カメラを交代で撮っているグループがいて、「皆さん全員で撮りましょうか?」と声をかけると、撮った後、わたしも撮ってもらえました。ま、ひとりでウロウロするわたくしのいつもの作戦ですが。
20100718_Mt.FUJI_115.jpg
おやつを食べたんですが、袋がパンパンに膨らんでると思っていたのに
普通だったのでしょんぼりです。パンの袋なのに。

11:10 新七合目出発
ここから8合目すぎぐらいまでがいちばん体力が追いつかないと感じた
区間です。「次は7合目、8合目じゃない」と反復しながら登ります。
やったー、8合目だと思ったらまだ7合目ってなったらがっかりですから。

12:18 七合目到着
20100718_Mt.FUJI_193.jpg

20100718_Mt.FUJI_121R.jpg
もう、言葉が出ません。

12:37 七合目出発
とりあえず行くのみ。

13:55 八合目到着
20100718_Mt.FUJI_194.jpg

ようやく昼ご飯です。といっても、気持ちが悪くておにぎり3つしか食べられません。でも、食べないとたぶん死んじゃいます。八合目の小屋寸前の非常に険しい登りを上から見ながら食べていると、ブルドーザー?がおりていきました。こうやって荷物を運んでいるのですね。ここでは
20100718_Mt.FUJI_122.jpg

20100718_Mt.FUJI_123.jpg
30分ほどの長い休憩を取りました。

14:28 八合目出発
20100718_Mt.FUJI_126.jpg

20100718_Mt.FUJI_127.jpg
突然鳥居が見えてきました。何もないのに鳥居だけあると怖いです。というか、富士山自体が信仰対象だから、まあ、不思議ではないんですがね。
20100718_Mt.FUJI_129.jpg

20100718_Mt.FUJI_133.jpg

この辺になると、下山者とのすれ違いに苦難することになります。とりたいルートで行こうとすると待つことが多く、また、ホコリが舞います。10人ぐらいの団体が何組か続くと、じれったくなってきます。登りを優先と言われていますが、……しんどくて、急げません。時間的にかなり予定より遅れているので、ちょっと焦ります。ところが、慣れてきたのか何だかパワーアップしています。待てなくなってきたので、登下山道のロープの間で岩がボコボコしているところをガンガン登り始めました。意外と、滑らなくて登りやすいです。あちこちで人が座っています。

20100718_Mt.FUJI_134.jpg
この柱のにはたくさんのコインが挟まれていました。

20100718_Mt.FUJI_136.jpg
残雪が現れました。九合目の小屋の横は雪の断面が露出していました。

15:29 九合目到着
20100718_Mt.FUJI_195.jpg

20100718_Mt.FUJI_139R.jpg
もう、時間がないし、パワーも出てきたので、5分程度で出発です。

15:35 九合目出発
岩場を手を遣って登ることが増え、カメラを前に垂らして歩くことができず、リュックにしまいます。残念ながら、9合5勺目まで歩いている間は撮れません。

16:14 九合五勺目到着
20100718_Mt.FUJI_196.jpg

20100718_Mt.FUJI_140R.jpg

少し冷えを感じてきたので、上着を着ます。ここで日にちの入った焼印を押してもらいます。
20100718_Mt.FUJI_141.jpg

16:19 九合五勺目出発
20100718_Mt.FUJI_142.jpg
またすぐに出発、ファイナルチャレンジです。上まで見えてるんです。でも、ものすごい張り付いてる感で、大丈夫なのかとちょっと不安になります。
20100718_Mt.FUJI_143.jpg
この間、本当に下山者とのすれ違いと砂埃に苦しみました。号泣しながら下山する子供や、子供をおんぶしながら下りるお母さん。かと思えば、岩から岩を猿のように華麗に飛び越えながら下りる人も。「もういや」って泣いている子供に、「山に来たら、大人も子供も一緒。自分で歩かないと帰れないよ」と諭しているお父さん。いろいろあります。コマンドZばっかりさんは、下山の人に「あとちょっと、がんばって」と励まされながら、登りました。関西弁の人に同じように声をかけられたので、「この上も、こんなかんじですか?」と聞いたら、「あと8個ぐらい曲がったら終わり」と教えてくれました。

20100718_Mt.FUJI_146.jpg
鳥居です。その上には岩場は見えません。頂上を確信します

20100718_Mt.FUJI_154.jpg
そして……、天空の鳥居を振り返りながら……

20100718_Mt.FUJI_150.jpg




17:20 富士の宮口登頂!

20100718_Mt.FUJI_156R.jpg

長かったです。周りの皆さんはとてもテンションが高く、例のごとく写真を撮ってあげたら、ものすごい勢いでお礼の撮り返しをしてもらえました。コマンドZばっかりさん、何度もポージングをさせられますw 大学生ぐらいのまさしく「山ガール」って感じの女の子の集団でした。今日は山頂で宿泊だそうです。
20100718_Mt.FUJI_157R.jpg

20100718_Mt.FUJI_164.jpg

20100718_Mt.FUJI_165.jpg

20100718_Mt.FUJI_166.jpg

家族や知人にメールをし、山頂の建物を巡ります。
20100718_Mt.FUJI_159.jpg
まず、浅間大社奥宮で杖に印と札をもらいます(300円)。
20100718_Mt.FUJI_199.jpg

20100718_Mt.FUJI_188.jpg 20100718_Mt.FUJI_189.jpg

20100718_Mt.FUJI_171.jpg
隣は郵便局です。

20100718_Mt.FUJI_172.jpg
さらに奥の方には本当の頂上である剣ケ峰が見えていますが、
雪があるのと、予定より遅れているので見るだけにしました。

20100718_Mt.FUJI_173.jpg
なんだかんだで30分ぐらいいると、かなり冷えてきました。
ちょっと、服の着方を変えて防寒対策をしますが、少し不安です。

++++++++++++++++++++++++++++++++

20100718_Mt.FUJI_183.jpg
バスを降りたらもらいました。

20100718_Mt.FUJI_203.jpg
金剛杖

20100718_Mt.FUJI_202.jpg
五合目が埋まっていません

20100718_Mt.FUJI_204.jpg
イマイチ効果わからず
posted by コマンドZばっかり at 19:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4.富士山下山

ここより下山編です

17:49 富士宮口山頂出発
まず目に入ってくるのが、火口。

20100718_Mt.FUJI_175.jpg

20100718_Mt.FUJI_166.jpg

20100718_Mt.FUJI_177.jpg

すぐに御殿場口山頂につき、そこを通り過ぎて須走口山頂に向かいます

20100718_Mt.FUJI_174.jpg

30分程度と書いてあったんですがちょうど25分くらいで急に不安になりました。
20100718_Mt.FUJI_179.jpg

時間的に追い込まれているのとこのままペースが上がらないこともあり得る
ことを考えると夜間の下山となってしまう、それは危険、装備が足りない

と感じながらてくてく上り下りしていました。
途中でまっすぐ行くのか岩場を登るのかどっちだろう
というところがあったので立ち止まり後ろを見たところ、
20mぐらいうしろに2人来ていたのでちょっと聞いてみることにしました。
で、「まっすぐで大丈夫ですか?」と質問したあと
「装備が不安なので泊まろうかとも考えてるんですけど、
 須走口は突発で泊まれるんでしょうかね」
と相談してみたら、
「今の時間なら十分下山できるよ」とのことで、
「もしよければ、一緒に下山してもらえないでしょうか」
と、大の人見知りががんばって言ってみました。
何だか申し訳ないぐらい快諾してもらえて、その上2枚も次々と服を着せて
もらって
申し訳ない感じでいっぱいですが、勇気満点になりました。
ま、これが後の反省会の話題に上がる訳ですが。

20100718_Mt.FUJI_180.jpg

18:22 須走口&吉田・河口湖口山頂山小屋群到着
とても人がいっぱいです。ここで売店で飲み物と軍手を手に入れようとしますが、売店終了&宿タイムになっていてしょんぼりです。バイオトイレにも入りました。もっと汚いのを想像していたのですが、臭いもそこそこ、掃除もできていて、ちゃんと座れます使用料は300円。朝起きて以来一度もトイレに行ってないことに気づきました。汗で出て行ってたんでしょうか。とりあえず石碑の写真を撮っておきます。

20100718_Mt.FUJI_181.jpg

20100718_MAP_KAWAGUCHIKO.png

18:30 下山スタート
須走口ではなく彼らの下山ルートである吉田・河口湖ルートへ

しばらく歩いてから、ふと名前わかんないよってことになって、自己紹介タイム。ここでお名前を晒すのも何なので、SさんMさんSMコンビということで以下省略……w。
それにしても周りの皆さん、よく走る、走る。それに比べ、何だか調子がおかしいコマンドZばっかりさん。本当におかしいです。痛いとかじゃないのに脚が前に出ません。「足の着地はどこに重心をかければいいですか?」「前ですよ」とか教えてもらいながらがんばってみるものの。何かの建物の前で一度休憩です。やっぱり泊まった方がよかったかな……とちょっと後悔。この時、Mさんがわたしの荷物を持ってくださることになりました。「自分で持って上がったんだから持たなきゃ」って感じだったんですが、「今回はトレーニングを兼ねているんでいいですよ」とのことで、非常に申し訳ないのですが、荷物を持ってもらいました。翌週に劔岳に登るということでした。富士山、精一杯登って来たのに、彼らは前菜のトレーニングだったとは。帰りは課題を課してないとのこと。普段から登ってる人は格が違いすぎます。

靴を買いにいったときにスパッツ付きの靴を売っていたのですが、やっとここでその価値がわかりました。ミドルカットのシューズを買ったんですが、石ころが入って来て歩きにくくなってました。7合目ぐらいでその話をしていて、「でも、その形スパッツやない、レッグウォーマー」と言ったら、「駄目だしされたー」ってw

何かカップルで来たうちの男の人と看板の前で確認とってるみたいです。どうも、須走ルートとの分岐らしい。八合目の山小屋、江戸屋の脇を回り込むようにして河口湖口につながっているもようです。そんなことはお任せで、わたしは何としてでも歩を進めるのみです。本当はちゃんと位置をつかんでないと駄目なんですけど。幅の広い道を完全にぐだぐだ歩きです。

途中からはつづらおりの道が続きます砂利や石で滑りやすかったり躓きやすい足下でだんだん歩けなくなってきました。脚より、何か体自体がおかしいかんじです。
ライトを私のおでこにつけて後ろから前の2人を照らす形で最後まで降ります。つづら折りなのでとりあえず直線を降りて、角に来たら前の2人が待っていて追いついたら出発というリズムで進みました。「お待たせしました」と言ったら、「それは言わなくてもいいよ」と、非常に気を遣ってくださいました
途中でひとり男の人が「ライトが故障して」ということで4人組になりました。このころかなり状態がキツかったんですが、「何時にお昼食べた?」と聞かれ、「2時におにぎり3つ」と言ったら、「それだ!」って感じで「食べて、食べて」とドライマンゴーとパンをくれました
2010.07.18_DRY MANGOES.jpg
パンは気持ちが悪くてちょっとしか食べられませんでしたが、10分後には歩くペースがアップしてきました「糖分が足りなくなってたのかも」と教えてくれました。Mさんは、しきりに「今度マンゴー買おう」と言っていておかしかったです。途中で合流した人はもう少し早いペースの2人組を見つけたので離脱されました。
下界を見る余裕が少し出てきました。「あの三日月型のが河口湖」とか教えてもらっていると、先には小さな花火が上がっているのを発見しました。いつも教えてもらってばっかりだったので、うれしがってもらえてよかったです。上から打ち上げ花火を見たのは初めてです。

けれどやはりバテ、緊急避難所で休憩。単なるコンクリートのシェルターみたいなものですが、雷が鳴っても逃げようのない富士山では重要なんでしょう。で、とてもアンモニア臭がすごかったです。
そしてつづらおりの道の終わり近くに公衆トイレ。やっと明るいところです。
ここで家族に「今日は新幹線に乗り遅れたので明日帰るよ」メール。「何て送ったの?」とSさんに聞かれたのでメール内容を言ったら、「確かに乗り遅れて明日帰るのは合ってる。女の人は怖いなーw」って言われました。家族が心配するからそう書いたんですけど、やっぱりヒドいです。小さな子供をふたり連れた3世代家族がいて、メール中、SさんMさん何やら交渉中。どうやら、トイレの前でテントなしビバークを決意したらしく、保温用の銀色のシートを2枚差し上げた模様です。「これで下山しか選択肢がなくなったよー」という話。翌日、悪いニュースがなくてよかった。みなさん無事に下山されたようですね

つづら折りが終わって、今度はまっすぐの道。落石除けのトンネル(シェルター)が造られています。
シェルターの淵で腰掛けようとしたら何かの糞。下におりてからわかったけど、あれ、馬。この辺で真っ黒な服を着た女の人がじっとしていたので何をしているのか気になっていて、何度も追い越しては追い抜かれたのでMさんが声をかけたら英語でしゃべられ、のけぞっていました。Sさんは「今、英会話習いにいってるくせに」とからかいます。どうも、彼女は星を撮りに来てるようでした。一人ですごいです。見上げると、本当にきれい。先日、プラネタリウムに行ったばかりだったので、天の川が見えることのありがたさで感動しました。

急にのぼりの人が増えてきました登山ルートとの合流です。合流したところからすぐに建物があり、救護センターと書いてあったでしょうか。が、開いていません。軒先で休憩。次々とご来光目的で通り過ぎていきます。ここでは火を焚いて温かい抹茶ミルクをいただきました。ものすごくうれしかったんでしょうね。満面の笑みで「美味しかったー」と言っていた模様。またここでMさんのマンゴー買うよトーク。どこで買えるか聞いてます。

ここからは、林の中を歩きます。足下は土なので非常に歩きやすいです。ちょっと話をしながら歩くことができるようになって、Mさん曰く「Sさんが最近女の人にアグレッシブでどうしたのか」とか、「会社の女の人がみんなで僕の悪口を言ってるんだっっ」っていうから、「給湯室とか怖いですよ」とかって話から何故か恋バナまでになっていておかしかったです。「がんばって下山したら、何かおごるよ」って言ってもらったんだけど、「こっちがお礼しないと」と言ったら、「身体を張ったギャグを今から考えておくようにw」と。身体張ったギャグも身体張ったセクハラもこの状態で何も出ませんよ。でも、元気が出てきました。

この辺ではつま先に痛みが出てきました。やっとのことで明かりが見えて、「やったー、ゴールだー」と張り切って歩いていったら、六合目にある富士山安全指導センター。しかも、着いたかと思ったら、挨拶をして素通り。警察の人に気をつけてといわれそそくさと。

さらにゴールの五合目までは1.7キロほどあります。「あと30分、ちょっとだけ登ったら、下りだからがんばって」とSさんに言われるけれど、Mさんからは「足場が悪いから40分」と言われ、ちょっとしょんぼり。Mさん、冷静です。しかも、ここまでの足場の悪さとはまたタイプの違う悪さ。日本庭園に敷いてある飛石みたいな変な凸凹が脚にきます。また遅れて来て、安全センターから聞こえる英語放送をリピートしながら歩くのみです。石田純一みたいなおじさんに「はぐれたの?」と聞かれるくらい林間の寂しいルートです。

なんとか、なんとか耐えきって広い道と建物があるところに出て来て、ゴールが近いことを確信。馬が引く4両ぐらいの馬車みたいなのがあったので、はしゃいでいると、明かりが。

やったー、やったー、やったよー。
セルジオ越後じゃないけど、大喜びです。下山しました。

明るい建物は閉まっているもののホテル・旅館とお土産物屋さんで、今までの雰囲気と違いすぎてあっけにとられます。ここで先ほどの「何かおごるよ」が。サイダーが急に飲みたくなり買ってもらいました。それがちょっとした悲劇を生むわけなんですけど。ちょうど後ろから星を撮っていた女の人が下山して来たので、「どれがいい?」ってやってたけど、さんざん悩んだあげく「See you」されてました。

タクシーが一台止まっていたので料金を確認1万2千円ちょっと+専用道路使用料金2千円ということで高額ですが、手段もないので河口湖駅近くの駐車場まで割り勘で行きました。ああ、お疲れさま

posted by コマンドZばっかり at 19:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5.泊まる場所がないのだが

さて、泊まる場所がないのです。

タクシーのなかで、今の時間にいかにして泊まるかのミーティング。ネットで調べようにもiPhoneは圏外です。タクシーの運転手さんが電話連絡してくれたりしても深夜なのでムリです。自家用車に乗り替えてから、運転しているSさんのケータイをアクセスポイントモードにしてiPhoneで検索。これ、とても便利です。EM・ONEみたいです。昼から東京で用のあるSさんの予定を考慮して「地元で放り出してもらうのでいいですよ。そのうち電車が出るし」とかも言ってたんですが、流石にそれはダメだということで、土地勘のあるらしい「大江戸温泉物語」まで飛ばすことになりました。昨日、ネットカフェだったので、湯船に入って横になって寝られるのは嬉しかったです。本当に、横になりたくてわがままを言ってしまったです。ごめんなさい。あ、そういえば、富士スバルラインをタクシーで走っている時、「ふーじはにっぽんいちのーやまー」の音が路面から聞こえてきました。眠気防止策でしょうか?

途中、SAで休憩します。談合坂SAです。すごい名前ですw とても広くて、綺麗なんですが、身体がいきなりギシギシいって歩く気がしません。着替え&注文待ちのあいだにお茶を汲んでおとなしく待ちます。コマンドZばっかりさんにはあり得ない行動。おとなしく待つ。普段ならすみずみまで見物に行きますwラーメンがおいしそうなんだけど、いつもほど何か食べたいと思わずでした(後でHPを見て後悔)。

あっという間にお台場の大江戸温泉物語に到着。着いてびっくり。帽子の中にサイフと携帯、iPhoneを入れていたら、一緒に入れていたサイダーまみれに。明らかにサイダー没。たぶん、気圧の差で少し緩めだった蓋が空いちゃったみたいです。寝る前に電源を切って拭いて、おサイフと中身を洗って乾かして…と、大変でした。お札を洗っていると冷たい視線が刺さってくるし。というか、ブルガリのマダムな帽子、防水なんですね。

浴衣を選んで、お風呂に。30分後集合は女の人には厳しいですw 7〜8種類のお風呂がありましたが、念入りに身体を洗った後は真ん中の大きなお風呂に入ってほっこりしました。疲労感と筋肉痛が一気に抜けます。

お風呂上がりに集合して、反省会いやぁ、浴衣を着た男の人は男前補正がかかります。ビールとポテトという朝4時半とは思えない反省会。まずは、お詫びと御礼普段トレーニングもしないで準備不足のまま登った反省山を好きな人からすれば、そんな舐めたこと…ってなるのに、最後までつきあっていただいたことに感謝。あと、下山中2人で話をしていたそうですが、結果的に判断を過ったかもしれないこと。降りれないことはないと思っていたけど、よく考えたら、お二人も初めての登山は下りがしんどかったこと。無理やり反対方面の東京に連れてきてしまったことどちらにしろ、いちばんマズかったのはわたしですそれでも、Sさん「またリベンジしましょ」Mさん「まだ、そんな気にならない?」って言ってくれて、恥ずかしいやら何やらで、うわぁんって来そうになりました。とりあえず就寝。

朝、10時に閉館ということで、9時40分に集合。途中で東京スカイタワーが見えました。「どこに行きたい?」って聞いてくれたけど、Sさんの予定が繰り上がったため、品川で分かれました。本当にありがとうございました。もう少し真面目に生きてみます。

みなとみらいまで行って、ワールドポーターズ(だっけ?)に行って全身着替えました。足が痛いのでビーサンに履き替えたんですが、右足の小指の爪が半分無くなってました。そりゃ、辛かった筈です。
ということで、「菊名は今まで何回ぐらい通ったんだろう」とか思いながら新横浜着。明るいうちに帰宅しました。

帰ってびっくり。
 1.お土産を買ってない
 2.下山中の写真が2枚だけ

必死過ぎでびっくりです。

あと、戦慄の事実。
 3.1kg増えていた


以上、長文でした。
posted by コマンドZばっかり at 19:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

2010年J1第17節 モンテディオ山形vsジュビロ磐田

暑いですね。
もうこの試合でシーズン前半戦を折り返しました
なんというか、14位
どうしても2008年を思い出すコマンドZばっかりさんです。

思い出すといえば、去年の夏アウェイ山形戦は初東北。
冷たいおつゆの肉そばの味がぐっと湧き出てきました。
あのときも試合よりスタグルメの記憶のほうが強いです。
ま、何もかもが過ぎるのが早いです。

◆ヨシカツ復帰&船谷先発・ジウ途中出場
ヨシカツさんの復帰は何かきっかけがあったんでしょうか?
ちょっと事情に詳しくないコマンドZばっかりさんです。
でも、まずは復帰おめでとう

船谷はやっぱり先発タイプじゃないかと。
最初から小まめにボールに絡んでいるほうが生きてくると思います。
ジウのほうが後から出てきて「何かやる」タイプです。
でも、ジウも頭から出してください柳下さん。
使える人手はそんなに多くないと思うのです。

◆それにしても勝てません(´・ω・`)
前も後ろも真ん中も問題山積です。
W杯前にやっと安定してきたDF陣が2人怪我でダメになって
やっとガンジンが戻ってきたばかり。
で、FWは点は取れずとも前田の衛星と化していたグノが移籍
真ん中はボランチの那須&康太が安定したコンビになってきていたのに
CBの離脱で組み合わせ変更


がんばって補充はしているものの、補強かどうかは未知数。

んんんんーーーー。

あと、セットプレーの守り方を
ゾーンからマンマークに戻してはどうかと

毎回、どこかが混んでて、どこかがガラ空きなんですけど。

残り試合半分となったここらあたりで何とかしないと
それこそ2008年のパターンに。
しかも、今回は入れ替え戦がないからもっとあぶないですよ。

  [ジュビロ磐田公式 2010.08.07 17節 モンテディオ山形戦]

posted by コマンドZばっかり at 17:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。